2020年1月 8日 賞味期限の誤表記に関するお詫びと商品回収のお知らせ

栗林庵スタッフの声

ホーム » 栗林庵スタッフの声 » 畳をもっと身近に

畳をもっと身近に

2014年06月19日

6月19日(木)から6月24日(火)まで、山下畳店さんがイベントコーナーに出展されています。

http://www.love-tatamilife.com

私たちの生活には馴染み深い畳ですが、最近は、畳の部屋がないお家もありますね。

でも、「やっぱり畳はいい!」と思えるような、畳の魅力が伝わってくる展示となっています。

 

香川県の伝統工芸士(古式畳)であり、「現代の名工」(H24年度受賞)である山下光一さんの古式畳や、

P1080368.JPG

 

ちょっとした置物を置くのに気軽に使えそうな「まめ畳」、

P1080367.JPG

 

畳の縁を使ったユニークな「畳縁バッグ」といった小物類から、

P1080385.JPG

 

本物の畳まで!(実演の日は限られますので、ご興味のある方は事前に栗林庵までお問い合わせ下さい。)

P1080378.JPG

ちなみに、三代目の明宏さんは畳一級技能士だそうです。

畳は基本的にオーダーメイドのため、大きさ、厚さ、いぐさの種類など、なんでも相談に

乗ってもらえます。

 

大分で数件の農家しか栽培していない、大変珍しい畳表の「琉球畳表(青表)」も

見せていただきました。

P1080382.JPG

織目が美しいだけでなく、とても丈夫で、数十年間は持つとか(フローリングより強い!)。

琉球畳表は普通のい草(いぐさ)とは違う「三角い草」というい草を、

三つに裂き、干し、織る、という大変手間のかかった畳表です。

顔を近づけると、爽やかな草の薫りに驚かされます。

(元々琉球で栽培されていた三角い草が、江戸時代に薩摩から大分に入って来たため、

そう呼ぶそうです。最近よく見る、縁なしの琉球畳とは名前の由来が異なりますね)

 

近年、中国産のい草に押され、国内のい草の農家の数は減少しています。

国産の無着色の畳表にこだわられる山下さんは、熊本まで畳表を仕入れに行かれているそうですが、

160cm位にまで成長するい草が折れないよう、網を張り、成長と共に高さを上げていく等、

栽培に大変手間のかかることも減少の一因だそうです。

農家さん曰く、「(国産のい草の)畳をもっと使ってもらえれば、農家もやっていける」そうです。

 

畳を替える機会は頻繁にあるものではありませんが、

まずは、暑い夏に向けて、国産のい草の寝ござをオーダーされるのはいかがでしょう?

身近に畳屋さんがいれば、いろいろな形で畳を生活に取り入れていけそうですね。