2017年12月 9日 賞味期限の誤表記に関するお詫びと商品回収のお知らせ

生産者を訪ねて

ホーム » 生産者を訪ねて » 【勇心酒造(株)】醸造発酵の匠がつくる30年ぶりの地酒

【勇心酒造(株)】醸造発酵の匠がつくる30年ぶりの地酒

2014年10月01日

勇心酒造の日本酒は、居酒屋はもちろん酒屋でもなかなかお目にかかれませんでした。それもそのはず、創業160年の歴史の中でここ30年間はほとんど酒造りをしていなかったのです。その代わり、酒造りの決め手となるお米の発酵技術の研究を突き詰め、その技術を化粧品メーカーに提供したり自社で化粧品を開発したりして、美容健康業界に貢献してきました。

ところが2011年、地酒「勇心」を醸造し、2013年には「かがわ県産品コンクール」で最優秀賞を受賞し、またたく間にその評判が広がりました。なぜ今、地酒造りを再開したのでしょうか。

勇心酒造の外観

勇心酒造の本社。奥に酒蔵があります。

勇心酒造の酒母

麹(こうじ)と蒸米、酵母からつくられた酒母です。

勇心酒造の発酵

発酵するとふんわりと泡が立ちだします。

地域の農業を支えるために

勇心酒造が日本酒造りを本格的に再開した背景には、地元の農業を支えたいという思いもありました。

減農薬米と酒蔵周辺の地域を潤す綾川の水を使って、地酒を造ろう。そんな思いで、数年前から三豊市財田町の農家と力をあわせて減農薬の米作りに取り組み、ようやく軌道に乗り始めたのが3~4年前のことです。

そのため、あるだけのお米でしか日本酒を造れず、香川県内でもなかなかお目にかかれません。

生産農家全員集合

酒米の生産農家のみなさん。

刈取

秋に財田町で収穫したお米は、目と鼻の先にある綾川町で日本酒になります。

美味しさの秘密は蔵人

通常はどの酒蔵にも、お酒を造る蔵人のリーダー、たとえば大工でいえば棟梁のような存在の「杜氏(とうじ)」がいます。しかし、勇心酒造には杜氏はいません。地酒「勇心」は7人の研究者が造っており、年齢は蔵人としてはとても若い20~30代です。大学で微生物や細胞について学んだ理系出身者である蔵人たちは絶えずお米の発酵について研究を続けています。相手は生きている酵母。気候が違えば管理の方法も異なるため、研究者は日夜データを分析し、そのデータを基に酒造りを行っています。そして長年の研究の結果、思いどおりの日本酒の味を造るにはどの微生物を使えばいいかが少しずつ分かるようになってきました。

さらに、発酵と酵母その繊細さについて知りつくしているからこそ、できあがった日本酒の管理にも気を遣います。販売店を限定し、陳列する際にもきちんと冷蔵保存してくれる酒屋だけにお酒を置くことにしました。これも香川県内でもなかなかお目にかかれない理由のひとつです。

勇心酒造の麹種付け

蒸米に麹を種付けする作業は力作業です。

勇心酒造の仕込

いよいよお酒を仕込んで寝かせます。

勇心酒造の櫂いれ

ときどき棒で桶の中をかくはんします。これを「櫂(かい)いれ」といいます。

平成25年度にかがわ県産品コンクールで知事賞を受賞した「勇心 純米吟醸 9号」、「勇心 純米吟醸 14号」は、香川県の原料にこだわり、瀬戸内の魚に合う酒を目指して造られました。原料や味のほか、もう一つ注目すべきがそのデザインです。酒を瓶から注ぐ時に酒が瓶の中を流れる様子に注目してください。ラベルの間を酒が流れていく様子は、まるで砂時計が時を刻んでいるように見えます。それは、長年の勇心酒造の歴史を表しているかのようでもあります。

地元の農業に対する思いや緻密なデータに基づいた酒造り。勇心酒造はこれからも地元に根付いた酒造メーカーとして、新しい商品を生み出していくことでしょう。

勇心酒造(株)の商品の購入はこちらから別ウィンドウで開く